雨漏りの際に使える保険について

現在お住いのお宅で、梅雨時などに雨漏りに悩まされているという方は少なくないのではないでしょうか。

補修が必要だけれど、予算のことを考えるとなかなか工事に踏み切れない、そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そういった方々のために、雨漏りに適用した保険というものが存在するのです。
まず、築10年未満の住宅には、直接補償をしてくれる住宅瑕疵担保責任保険というものが存在します。
また、築10年を超える住宅では、火災保険が間接的に保障してくれます。
前者の場合では、住宅に雨漏りが起きた場合、その修理を行った業者にその費用が支払われます。こちらは国土交通大臣が指定した法人が取り扱っているため、非常に信頼できます。



料金の支払いなども業者が行ってくれるため、ご自身での手続きや負担がほとんどなく、とても手軽です。
次に火災保険ですが、これは従来、その名の通り火災に関する手当のみだったのですが、近年では風や雪、雹などによる被害でも取り扱われるようになりました。


取り扱っている会社は基本的に大企業なので、信用して任せて問題ありません。



また、事前にきちんと保険料を支払っている場合のみ、雨漏りの修理にお金がおりるため、余分に料金を加算されるというようなことは一切ありません。
雨漏りは、生活していく中で意外と身近に起こりますが、非常に大きなトラブルです。

こういった制度を上手に活用して、対策ができるようにしましょう。

日経メディカルの情報をご説明します。